DeNAが2連勝!4番・細川が今日も好調、投げては先発・阪口が7回1失点の好投

イースタン・リーグ公式戦
○ DeNA 8 - 7 日本ハム ●
<平塚 3月30日>

 DeNAがホームで日本ハムに連勝。投げては先発の阪口皓亮が7回まで2安打、1失点の快投。打っては昨日のヒーロー・細川成也が適時打2本を含む3安打の活躍でチームを勝利に導いた。

 初回に細川の適時打で先制したDeNAは、4回に先発・阪口が森本龍弥に適時打を許して同点とされたものの、直後の4回裏に細川が2打席連続の適時打を放って勝ち越しに成功。さらにルーキーの伊藤裕季也も続くなど、この回一気に3得点。4-1とリードを広げる。

 さらに5回には青柳昴樹の押し出し四球で1点を加え、さらに山本祐大と大河にも適時打が飛び出して4点を追加8-1と点差を7点に拡大した。

 投げては先発の阪口が7回まで投げ、2安打・1失点の好投。その後は8回を田村丈が無失点で締めたが、9回に登板した寺田光輝が3点を失って降板すると、ピンチで登場した4番手の赤間謙も満塁から今井順之助に走者一掃の適時三塁打を浴び、とうとう1点差。なおも二死三塁とピンチが続いたが、最後は中飛で1点のリードを死守。なんとか逃げ切ったDeNAが日本ハムに連勝した。