ソフトバンクが3連勝!三森が先制打、美間は豪快2ラン

ウエスタン・リーグ公式戦
○ ソフトバンク 4 – 0 中日 ●
<タマスタ筑後 3月29日>

 24日(日)以来、久しぶりの公式戦に挑んだソフトバンクが中日に快勝。連勝を3に伸ばした。

 この日は板東湧梧が先発も、2回を無失点に抑えたところで早めの降板。3回からはプロ4年目右腕の高橋純平へと繋ぎ、高橋は7回までの5イニングを無失点に封じる好投を見せる。

 すると打線は3回、二・三塁のチャンスで三森大貴が放った鋭いライナーは右中間の真ん中を突破。2人を還す適時三塁打で先制点を挙げると、終盤の8回には美間優槻がレフトスタンドに豪快な一発。攻めあぐねていた中日・山本拓実をついに捕らえ、貴重な追加点を挙げた。

 終盤は8回に岡本健、9回は二保旭とバトンをつないで完封リレーが完成。投打の歯車がガッチリと噛み合ったソフトバンクが連勝を3に伸ばした。