【9月27日】DeNAが豪華リレーで接戦制す!濵口復帰、倉本は猛打賞


 

イースタン・リーグ公式戦
○ DeNA 4 - 3 西武 ●
<横須賀 9月27日>
▼ スコア
西|000 003 000|3
De|000 400 00X|4

 ともに一軍がポストシーズン行きを決めた両チームの対戦はホームのDeNAが制した。

 DeNAは相手先発・與座海人に3回まで無得点も、スコアレスの4回、先頭の2番・倉本寿彦が右翼越えへ4カ月ぶりとなる一発を放ち先制。すると続く3番・関根大気から4連打と打線が繋がり、この回一挙4得点。集中打でリードを拡大した。

 投げては先発の井納翔一が5回まで7奪三振の好投。6回に呉念庭に2ランを浴びるなど、1点差に詰め寄られたが、7回からは股関節痛で戦線離脱していた濵口遥大が2イニングを無失点ピッチング。最後は三上朋也が9回を締めて、豪華リレーで接戦を制した。

 打線では2番・倉本が先制弾含む猛打賞、3番・関根もマルチヒットで1得点と、CSベンチ入りへ結果でアピールした。

 

ウエスタン・リーグ公式戦
● 阪神 1 - 8 ソフトバンク ○
<鳴尾浜 9月27日>
▼ スコア
ソ|000 133 100|8
神|000 000 010|1

 阪神は今季最終戦で完敗。リーグ王者に畳み掛けられた。

 先発マウンドに上がった2年目右腕の馬場皐輔は、今季ここまで防御率(3.13=2位)と奪三振(85=1位)の2冠を視野に入れる投球を見せていたが、この日は4回に増田珠に先制打を許すと、5回は味方のエラーが絡んで3失点。5回途中、3奪三振、4失点(自責2)で降板となった。

 6回には2番手・浜地真澄が4本の長短打を浴びてさらに3失点。打線は6回に1番・島田海吏が初ヒットも、続く熊谷敬宥が遊併殺に倒れるなど噛み合わず。6投手がリレーしたソフトバンク投手陣の前に長坂拳弥のソロ一発に終わった。

 

イースタン・リーグ公式戦
楽天 1 - 6 日本ハム
<森林どり泉 9月27日>
▼ スコア
日|000 030 300|6
楽|010 000 000|1

 前日にイースタン初優勝を決めた楽天は、泉での最終戦で黒星。

 楽天は2回、ヒット2本で二死一・三塁とチャンスを作り、9番・西巻賢二が右翼越えのエンタイトルツーベース。下位打線で先取点を奪った。

 しかし5回、先発の西口直人が3番・海老原一佳に11号3ランを浴びて一振りで逆転。7回には3番手・熊原健人が二死から四球で出塁を許し、立て続けに味方がエラー。ノーヒットで3点を失った。

 日本ハムは先発の生田目翼が5回、7安打、2四球で1失点と粘投。打っては育成・海老原が決勝弾含む5打数3安打3打点。投打にルーキーの活躍が光り、今季最後のカード初戦をものにした。