【イースタン・リーグ】千葉ロッテがサヨナラ!9回裏に3得点で逆転勝利!

2021年9月8日(水)、ロッテ浦和球場にて、千葉ロッテマリーンズvs東京ヤクルトスワローズの一戦が行われた。

ロッテ先発、土肥星也投手。ヤクルト先発、木澤尚文投手。

試合は1回表二死1塁の場面で、太田賢吾選手がセンター方向へのフェンス直撃のタイムリー3ベースヒットを放ち、ヤクルトが先制。

ヤクルトは4回表、6番・内山壮真選手、7番・松本直樹選手、8番・中山翔太選手、9番・長岡秀樹選手の連続安打で2点を追加。
並木秀尊選手のショートゴロの間に1点を加え、0-4とロッテを大きく突き放した。

追い上げたいロッテの4回裏の攻撃。
この回の先頭5番・菅野剛士選手が内野安打で出塁すると、6番・宗接唯人選手もレフトへのヒットでランナーを進める。
7番・福田光輝選手のセンターフライの間に菅野剛士選手が進塁し、一死1,3塁とチャンスは続く。
続く、8番・茶谷健太選手が見逃しの三振に倒れるも、宗接唯人選手、菅野剛士選手がWスチールを決め、1点を返し、1-4と追い上げる。

7回にもロッテは、平沢大河選手のソロホームランで1点を返し、2-4とする。

連勝を狙うロッテの9回裏の攻撃、この回の先頭、代打・髙部瑛斗選手がヒットで出塁すると、二塁に決死のヘッドスライディングで盗塁を決める。
ペラルタ選手が四球を選び、無死1,2塁と同点のランナーが塁へ出る。
むかえたチャンスで育成ドラフト3位ルーキーの山本大斗選手が打席に立つ。
山本大斗選手の打球はセンターを抜け、同点となるタイムリーヒットとなる。
その後二死2,3塁、逆転サヨナラの場面、途中代走で出場した西巻賢二選手が犠牲フライを放ち、サヨナラのランナーを返した。

ロッテのリリーフ陣は5回から3投手が無失点リレーで切り抜け、この試合ロッテが5-4で勝利した。

見逃し配信はこちら
【見逃し配信】イースタン・リーグ|9月8日(水) ロッテ vs ヤクルト

【明日の配信予定】
9月9日(木)
<イースタン・リーグ>
12:25 楽天 vs DeNA
12:55 ロッテ vs ヤクルト

<ウエスタン・リーグ>
12:55 ソフトバンク vs 中日

配信予定はこちら
ファーム試合日程