【8月13日】オリックスが1イニング7点の猛攻で逆転勝ち!ロッテは連敗が「6」に伸びる…

イースタン・リーグ公式戦
● ロッテ 1 - 6 西武 ○
<ロッテ浦和 8月13日>
▼ スコア
西|001 011 012|6
ロ|000 000 010|1

 ロッテはホームで西武に敗戦。これで連敗は「6」に伸びた。

 先発した関谷は初回・2回と走者を背負いながらも無失点に抑えたが、3回に斉藤彰吾に適時打を浴びて失点。先制を許すと、5回には2番手の山本大貴が呉念庭に、6回にはレイビンが招いたピンチにバトンを受けた永野将司が鈴木将平に適時打を浴びて点差を広げられてしまう。

 反撃したい打線も、西武先発・郭俊麟を前に走者は出しながらもゼロ行進。0-4の8回に山口航輝の犠飛でようやく1点を返したものの、9回にも2点を奪われて1-6で試合終了。連敗を止めることはできなかった。

ウエスタン・リーグ公式戦
○ オリックス 10 - 3 阪神 ●
<オセアンBS 8月13日>
▼ スコア
神|111 000 000|3
オ|000 020 17X|10

 オリックスが逆転勝ち。序盤は劣勢も、8回に打者一巡の猛攻で7点を挙げて試合をひっくり返した。

 立ち上がり、先発の東晃平は初回に守備の乱れから先制点を与えてしまうと、2回・3回にも立て続けに失点。序盤で0-3とリードを奪われてしまう。

 打線も阪神先発・呂彦青を前に攻略の糸口を掴めずにいたが、5回に大城滉二がレフト線への適時二塁打を放って二者が生還。2-3と1点差に迫ると、7回には宗佑磨のこの日3本目となる安打が適時打となり、3-3と試合を振り出しに戻した。

 同点で迎えた8回裏、オリックスは三塁打で出た西村凌がワイルドピッチの間に還って勝ち越しのホームを踏むと、さらに一死二・三塁のチャンスを作って西浦颯大がこの日4安打目となる安打を放ち、この間に二者が生還。なおも満塁とチャンスが続くと、代打で登場した山足達也が満塁弾。一挙7点の猛攻で10-3と逆転に成功したオリックスがウエスタン2位争いの初戦を制した。