【8月11日】中日・三ツ俣がサヨナラ打!ヤクルトは8月負けなし10連勝

ウエスタン・リーグ公式戦
○ 中日 3x - 2 阪神 ●
<金沢 8月11日>
▼ スコア
神|100 001 000 |2
中|000 010 101x|3

 中日が9回サヨナラ勝ち。5番・三ツ俣大樹が決勝打を放ち、北陸シリーズ2連勝を飾った。

 中日は先発のドラ2右腕・勝野昌慶が初回に1点、6回に3番・板山祐太郎に特大ソロを浴びるも、味方の好守にも助けられ、6回1/3(98球)を投げて、2失点と力投。

 打線は1点ビハインドの7回に4番・石垣雅海が左翼越えへ特大の5号ソロを放り込み同点とすると、2-2で迎えた9回、敵失も絡んで無死満塁のチャンスをつくり、5番・三ツ俣大樹が中前へサヨナラ打。ロースコアの接戦を終盤にひっくり返し、連勝を収めた。

 3番手として9回表を2奪三振含む三者凡退に抑えた谷元圭介が今季初勝利、味方のエラーをきっかけに崩れた阪神の5番手・福永春吾が今季2敗目(1勝6セーブ)を喫している。

イースタン・リーグ公式戦
○ 楽天 5 - 2 巨人 ●
<宮古 8月11日>
▼ スコア
巨|001 001 000|2
楽|011 100 20X|5

 楽天が接戦を制して、岩手県開催のカード初戦を白星で飾った。

 楽天は2回に6番・耀飛の適時右二塁打で先制すると、同点とされた直後の3回裏の攻撃では連打でチャンスを作り、2番・吉持亮汰の右犠飛で勝ち越した。さらに4回に先頭・山下斐紹の2号ソロで加点し、巨人の先発・横川凱から3得点。2点のリードを持って前半5回を折り返す。

 投げては先発の池田隆英が6回途中まで6安打、2失点と力投。ピンチを招いてマウンドを降りたが、ここは2番手・高梨雄平が後続を断ってリードを死守。打線が7回に代打・岡島豪郎の適時打、6番・山下の犠飛で突き放し、地方開催のカード初戦をものにした。

イースタン・リーグ公式戦
● DeNA 1 - 5 ヤクルト ○
<横須賀 8月11日>
▼ スコア
ヤ|100 400 000|5
De|000 100 000|1

 DeNAは前日まで9連勝と勢いづくヤクルトに飲み込まれ連敗。今カードの負け越しが決まった。

 DeNAは先発の大貫晋一が初回、先頭の藤井亮太に右二塁打を許すと、ここから2本の内野ゴロの間に先制点を献上。4回には先頭打者に与えた四球をきっかけにピンチを招き、5番・濱田太貴の適時二塁打、9番・田代将太郎のスクイズなどで一気4失点。ビッグイニングを許し、リードを拡げられた。

 打線は直後の4回裏に3番・梶谷隆幸が右翼越えへ12号ソロを放り込み1点を返したが、ブルペンデーのヤクルト投手陣の前に後続なし。田川賢吾に完投負けを喫した前日に続いて最小得点に終わった。

 ヤクルトはこれで8月負けなしの10連勝。藤井亮太、濱田太貴、三輪正義がマルチヒットをマークすれば、投手陣は全8投手で最小失点リレー。あすのDeNA戦で3カード連続のスイープを目指す。