【8月10日】中日・根尾が今季2度目の猛打賞!ヤクルト・田川が“プロ初完投”

ウエスタン・リーグ公式戦
○ 中日 9 - 5 阪神 ●
<高岡 8月10日>
▼ スコア
神|000 000 302|5
中|000 112 50X|9

 集中打の中日が快勝。6回無失点と好投を見せた吉見一起がリーグ単独2位の7勝目(2敗)を掴んだ。

 中日はドライチルーキーの根尾昂が猛打賞の大活躍。大阪桐蔭の先輩にあたる阪神・藤浪晋太郎に対し、初回の第1打席に速球を中前に弾き返しチーム初ヒットをマークすると、4回の第2打席も初球のストレートを捉えて右前打。この一打が藤浪攻略の糸口となり、5番・石川駿の適時打で先制のホームを踏んだ。

 4-3の1点リードで迎えた7回には無死二塁の好機で右中間を破る適時三塁打を放ち、7月7日・オリックス戦以来、今季2度目の猛打賞。1イニング5得点のビッグイニングを呼び込んだ。

 投げては先発の吉見が走者を背負いながらも要所を締めるピッチングで6回(89球)、被安打6、与四球1で無失点の好投。2番手・小熊凌祐が3失点、4番手・鈴木博志が2イニング目の9回に2失点したが、打線の大量援護を守りきり、カード初戦をものにした。

イースタン・リーグ公式戦
● DeNA 1 - 6 ヤクルト ○
<平塚 8月10日>
▼ スコア
ヤ|000 301 101|6
De|001 000 000|1

 ナイター開催の平塚はヤクルトに軍配。DeNAはホーム開催のカード初戦を落とした。

 DeNAは先制した直後の4回の守備、先頭の3番・塩見泰隆の飛球を左翼手・青柳昴樹がダイビングキャッチを試みるも後逸。俊足の塩見にランニングホームランを許して同点とされると、ここから先発の井納翔一が制球を乱れを突かれて3失点。5回から継投に入ったが、リリーフ陣も粘りきれずに失点を重ねた。

 打線は3回に2番・倉本寿彦の適時右二塁打で先制点を挙げたが、4回以降はヤクルトの先発・田川賢吾の前に沈黙。12三振を喫するなど、4安打、1得点に終わり、高卒7年目の右腕に“プロ初完投”を許した。