【8月8日】ソフトバンク・柳田が実戦復帰!チームは今季最長の7連勝

ウエスタン・リーグ公式戦
○ ソフトバンク 2 - 0 広島 ●
<タマスタ筑後 8月8日>
▼ スコア
広|000 000 000|0
ソ|011 000 00X|2

 ウエスタン首位のソフトバンクが完封勝ち。今季最長の7連勝で、8月無敗をキープした。

 この日は主砲・柳田悠岐が「4番・指名打者」で、約4カ月ぶりとなる実戦復帰。広島の先発・ケムナ誠と相対し、第1打席は右臀部に死球。第2打席は3球三振に倒れた。第3打席に代打を送られ、復帰戦での快音とはいかなかったが、一軍復帰へ向けてまずは大きな一歩を踏み出した。

 チームは2回に死球の柳田を一塁に置いて、5番・田城飛翔が左安打でチャンスメーク。7番・美間優槻の右二塁打で柳田が先制のホームを踏んだ。続く3回には1番・福田秀平、2番・中村晃、3番・コラスの3連打でさらに1点を追加。一軍昇格が期待される上位打線が繋がり加点した。

 2点の援護をもらった先発の板東湧梧は走者を背負いながらも要所を締めるピッチングで6回1/3を5安打、無失点と粘投。田浦文丸、椎野新がともにイニングを跨いでゼロを並べ、同一カード3連勝を飾った。

ウエスタン・リーグ公式戦
○ オリックス 3 - 2 中日 ●
<オセアンBS 8月8日>
▼ スコア
中|010 010 000|2
オ|000 201 00X|3

 オリックスが接戦を制して2カード連続の勝ち越し。杉本裕太郎が決勝打と好守でチームを勝利に導いた。

 オリックスは1点を追う4回、ヒットで出塁の宜保翔を一塁に置いて、4番・白崎浩之が右中間へ適時三塁打を放ち同点。さらに5番・T-岡田も右翼線へ連続タイムリーを放ち逆転に成功した。

 その後同点とされるも、2-2の6回に一死一・二塁から6番・杉本裕太郎が左翼線へ勝ち越し打。杉本は1点リードの8回守備時に、二死一・二塁の場面で三ツ俣の左安打を処理してバックホーム。好返球で二走・根尾昂の同点ホームインを阻止した。

 一軍昇格を目指す中堅選手が活躍したオリックスは本拠地でカード勝ち越し。先発の鈴木優は5回2失点で勝敗付かず、1回無失点の2番手・富山凌雅が今季3勝目(1敗)を手にしている。

イースタン・リーグ公式戦
● 楽天 3 - 9 DeNA ○
<森林どり泉 8月8日>
▼ スコア
De|031 230 000|9
楽|000 003 000|3

 楽天は投手陣が打ち込まれて完敗。打線の反撃及ばず、3カード連続の負け越しとなった。

 楽天は先発の渡邊佑樹が初回こそ三者凡退で斬ったものの、2回に先頭の4番・細川成也に12号ソロを浴びると、さらに4安打を浴びてこの回3失点。4回にも犠飛で1点を失いリードを拡げられた。

 古巣対戦となった2番手・熊原健人も4回から2イニングで6安打を浴びて計5失点。DeNA打線の勢いを止められずに失点を重ねた。

 打線はDeNAの先発・阪口皓亮の前に5回までゼロ行進も、9点を追う6回に6番・内田靖人、7番・橋本到の連続タイムリーで3得点。しかし大量ビハインドを埋めることはできず、本拠地でカード負け越しが決まった。

 それでも8回に登板した5番手・高梨雄平は2番・百瀬大騎、3番・楠本泰史、4番・細川成也を三者連続三振で退ける好投を披露。前日の登板から計2イニングで5奪三振、無失点と、一軍復帰へ向けて好投を続けている。