オリックスは序盤の大量得点で快勝! 松井佑が移籍後初HR

ウエスタン・リーグ公式戦
○ オリックス 7 - 4 ソフトバンク ●
<オセアンBS 7月10日>

 オリックスが序盤に大量リードを奪い快勝。前半戦最後の一戦を白星で飾った。

 オリックスはソフトバンク先発・長谷川宙の立ち上がりを攻め込んだ。初回、1番・山足達也が左翼越えへ先頭打者ホームランを放り込み先制すると、2連続押し出しで加点した直後に、二死満塁から9番・宜保翔が中前適時打を放ちさらに2点を追加。制球に苦しむ左腕を攻め立て、初回に一挙5得点のビッグイニングでリードを奪った。

 2回には中日からトレード加入した4番・松井佑介が左中間へ移籍後初ホームラン。自身3試合連続打点となるソロでさらに6-0とリードを広げた。

 投げては先発の育成右腕・東晃平が走者を背負いながらも要所を締める好投で、今季最長の6回1/3を1失点。8回には二軍調整中の増井浩俊が中1日で今季ウエスタン2度目のマウンドに上がり、2奪三振含む三者凡退のパーフェクトピッチングを披露した。

 7-1の9回に漆原大晟が3点を失ったもののリードを守りきり、先発の東が今季2勝目(4敗)を挙げてカード勝ち越し。オリックスは7月に入り1勝6敗と苦しんでいたが、前半戦最後の試合は投打が噛み合い白星で締めた。