中日が根尾、亀澤打で逆転勝ち! 松葉は1回0封で新天地デビュー

ウエスタン・リーグ公式戦
○ 中日 5 - 2 阪神 ●
<ナゴヤドーム 7月10日>

 中日が今季初となる一軍本拠地での一戦を快勝。1番・亀澤恭平が2安打3打点で、4得点に絡む活躍をみせ、前半戦最後の試合を白星で飾った。

 中日は1点を追う初回、先頭の亀澤が三遊間への内野安打で出塁すると二盗でチャンスメーク。一死二塁として3番・根尾昂が右翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち、すぐさま試合を振り出しに戻した。

 続く2回には阪神の先発・呂から一死満塁のチャンスを作り、1番・亀澤が低めの変化球を右中間へ。2ストライクと追い込まれてから拾うような巧打で前進守備の右中間を破り、3人の走者をホームに迎え入れた。

 投げては先発の吉見一起が3番・江越に対して初回にソロ弾、3回に適時打を浴び2点を失ったものの、4回、5回はコーナーを突く投球で三者凡退の好投。6回はオリックスからトレード加入した松葉貴大が1回1安打0失点で移籍後初登板を飾った。

 そのままリードを保って9回は田島慎二が三者凡退で締めてゲームセット。5回2失点の吉見が今季5勝目を掴み、オールスター前最後の試合を白星で飾った。