オリックスは連勝ならず…集中打で逆転許す

ウエスタン・リーグ公式戦
● オリックス 4 - 8 ソフトバンク ○
<オセアンBS 7月9日>

 前日に連敗を止めたオリックスだったが、この日はソフトバンクに敗れて連勝ならず。終盤に反撃も、中盤に集中打で喫した失点が最後まで重くのしかかった。

 先発の吉田一将は初回に暴投で1点を失うも、打線がその裏チャンスを作ると、相手の失策と松井佑介の適時打で2点。すぐさま逆転に成功する。

 しかし、4回にピンチを迎えた吉田は田城飛翔に適時打を許すと、市川友也にはピッチャー強襲の2点適時打を浴びて計4失点。なんとか4回までは投げ抜いたものの、そこまでで降板となってしまう。

 さらにその後も若鷹打線は勢い止まらず、5回には田城の2本目の適時打や増田珠の2点適時打などで計4失点。2-8と点差を拡げられてしまう。

 打線は終盤8回に杉本裕太郎と松井の適時打で2点を返したが、そこから詰め寄ることはできず。中盤の失点が重く、4-8で敗れた。