戸田も劇的結末!同点の9回に上田がサヨナラ弾

イースタン・リーグ公式戦
○ ヤクルト 5 - 4 巨人 ●
<戸田 7月9日>

 ヤクルトが劇的サヨナラで前半戦を白星締め。4-4で迎えた9回裏、上田剛史がライトスタンドにサヨナラ本塁打を叩き込んだ。

 ヤクルトがデービッド・ブキャナン、巨人はテイラー・ヤングマンという両先発で始まったこの試合。ブキャナンは初回に山下航汰に一発を浴びるも、その後は危なげなく5回まで1失点ピッチ。打線も3回に井野卓がヤングマンから一発を放ち、1-1で静かな前半を終える。

 しかし、後半は試合が動く。6回から登板した寺原隼人がピンチを招くと、内野ゴロの間に失点。1-2とリードを許すも、打線はその裏、高卒ルーキー・濱田太貴が内角球を完ぺきに捉えると、打球はあっという間にレフトスタンドへ。2ランで一気に逆転に成功すると、太田賢吾にも適時三塁打が飛び出し、4-2と試合をひっくり返した。

 この試合はじめて優位に立ったヤクルトだったが、7回に寺原が石川慎吾に一発を浴びると、さらに危険球退場となって様相が一変。緊急登板の中澤雅人がワイルドピッチで1点を失い、たちまち4-4の同点。試合が振り出しに戻る。

 その後は両者がチャンスを掴めず、試合は9回へ。巨人は左腕の戸根千明をマウンドに送ったが、ヤクルトは先頭の上田が甘く入った変化球をジャストミート。打球はそのままライトフェンスを越え、一振りで劇的サヨナラ。前半戦最後の試合を劇的な形でモノにした。