西武が逃げ切り勝ち!多和田が9回3失点完投

イースタン・リーグ公式戦
○ 西武 5 - 3 DeNA ●
<西武第二 7月9日>

 西武が快勝。投げては先発の多和田真三郎が9回を投げて3失点の完投勝利。一軍復帰に向けてアピールした。

 この日は足を絡めた攻撃がハマった西武。3回に山野辺翔が安打と盗塁で作ったチャンスに戸川大輔が適時二塁打を放って1点を先制すると、さらに相手の失策も絡めて2点を先制。5回にも山野辺の出塁と盗塁からチャンスを作り、またも戸川の適時打で追加点。加えて西川愛也にも適時打が飛び出すなど、この回は一挙3得点。序盤でリードを拡げた。

 投げてはエースの多和田真三郎が走者を出しながらもホームは踏ませないさすがの投球。6回に宮本秀明の本塁打などで2点を失い、9回には山下幸輝に一発を許したものの、最後まで一人で投げ抜いて3失点の完投。リードを守り切った。