中日が劇的サヨナラ勝ち!最終回一挙3点で大逆転

ウエスタン・リーグ公式戦
○ 中日 5 - 4 阪神 ●
<ナゴヤ 7月9日>

 中日は本拠地で阪神に逆転勝ち。6回までエラーでの得点はあったものの、阪神先発・望月惇志を前に無安打と打線が沈黙していたが、土壇場9回に一気の猛攻で3得点。試合をひっくり返した。

 先発はルーキーの勝野昌慶。立ち上がりこそ3人で退ける好スタートを切ったものの、2回に森越祐人に3ランを浴びて3失点。3回までで降板となると、5回には2番手の垣越建伸が藤谷洸介にソロを浴び、0-4とリードを広げられてしまう。

 それでも、5回裏に相手の失策で1点をもらうと、7回にようやく望月から安打を放ってさらに1点。2-4として最終回へと入ると、途中出場の桂依央利の適時打で1点差とすると、なおもチャンスで石垣雅海が2者を還す逆転の適時打。一気の猛攻で阪神リリーフ陣を飲み込み、劇的な逆転サヨナラ勝ちを挙げた。