ソフトバンクが終盤の猛攻で逆転勝ち!ルーキー・野村に初安打のタイムリー

ウエスタン・リーグ公式戦
○ ソフトバンク 9 – 1 阪神 ●
<タマスタ筑後 3月24日>

 前日に本拠地初勝利を挙げたソフトバンクが快勝。投打の噛み合った試合運びで連勝した。

 ソフトバンクは高卒5年目のドラ1右腕・松本裕樹が先発。2回に安打と味方の失策が重なって1点こそ失ったものの、打たせて取る投球が冴えて2回以外は危なげない投球を披露。5回に安打と犠打でピンチを迎えながらも後続を斬り、5回1失点と試合を作る。

 すると5回裏、打線は三森大貴の内野ゴロの間に同点に追いつくと、相手のバッテリーエラーの間に逆転。6回には黒瀬健太が豪快な適時二塁打を放って追加点を挙げると、さらに田城飛翔、代打の美間優槻にも適時打が飛び出して一挙4得点。6-1とリードを広げた。

 その後は7回にも九鬼隆平が2人を還す適時二塁打を放てば、8回には代走から途中出場していたルーキーの野村大樹が公式戦初打席の初球を捉えてレフトに運ぶ適時打。9-1と最後まで手を緩めずに点差を広げていく。

 投げては6回からリリーフしたルーキーの板東湧梧が2回を完ぺきに封じる好リリーフを見せ、8回は高卒2年目の吉住晴斗、最後は二保旭と繋いでリードを守った。