神里・中川に一発も・・・追い上げ届かなかったDeNA、連勝ならず

イースタン・リーグ公式戦
● DeNA 5 - 7 ロッテ ○
<横須賀 3月24日>

 ホームで連勝を目指したDeNAはロッテに5-7で敗戦。終盤に追い上げを見せるも届かなかった。

 DeNAは初回に神里和毅が本塁打を放って幸先よく先制。開幕一軍入りへアピールを続ける2年目のバットからこの日も先取点が生まれる。

 しかし、先発した櫻井周斗が3回にロッテのルーキー・松田進に2点適時打を浴びるなど3点を失い逆転を許してしまうと、4回には代わった2番手の寺田光輝も松田に2点適時二塁打を浴びるなど、2イニング連続で3失点。1-6とリードを広げられてしまう。

 それでも、打線は直後の4回裏にルーキー・伊藤裕季也が適時打を放って1点を返すと、7回には代打の関根大気が適時打。8回表に1点を奪われるも、その裏には4番の中川大志がレフトに豪快な2ランを叩き込み、5-7と必死に食らいついていく。

 しかし、8回の二死満塁のチャンスはあと一本が出ず。9回にも二死ながら一・三塁というチャンスを作ったが、ここでも得点はならず。終盤に粘り強さを発揮したものの、ひっくり返すことはできなかった。