古巣復帰の古村が2回無失点の好投も・・・DeNA、ホームで連勝ならず

イースタン・リーグ公式戦
● DeNA 1 - 8 ロッテ ●
<横須賀 3月22日>

 DeNAは本拠地・横須賀スタジアムでロッテと対戦。今季無敗のチームを相手に序盤は接戦を演じるも、終盤に失点がかさんで1-8で敗れた。

 この日は左腕の古村徹が先発。かつてDeNAに在籍しながら一度は現役を引退、球団の打撃投手として第2の人生を歩み始めながらも、独立リーグで選手に復帰して再びベイスターズに戻ってきたという異色の経歴を持つ男が、横須賀のマウンドに帰ってきた。

 この日は2イニングのみの登板だったが、四球を1つ与えただけで無安打・無失点。走者を出しても落ち着いて併殺に斬って取るなど、2回を打者6人で封じる好投を見せた。

 ところが、2番手の平田真吾が荻野貴司に適時打を浴びるなど2点を失うと、後続も7回・8回に1点ずつを失い、9回は5番手で登板した田村丈が満塁のピンチから香月一也に走者一掃の適時二塁打を浴びるなど、一気に4失点と苦しい展開に。

 打線も5回に関根大気の併殺崩れの間に1点を挙げたのみで、最終回には二死ながら満塁のチャンスで梶谷隆幸という場面を迎えたが、最後は左飛に倒れて試合終了。横須賀で連勝とはならなかった。