オリックスが2桁得点で快勝! ドラ1・太田がプロ初本塁打

ウエスタン・リーグ公式戦
○ オリックス 10 - 6 中日 ●
<オセアンBS 6月19日>

 オリックスは打線が14安打・10得点を挙げて快勝。ドラフト1位ルーキーの太田椋がプロ初本塁打をマークした。

 オリックスは1点を追う初回に二死満塁から6番・杉本裕太郎が左越えのグランドスラムを放ち逆転。ド派手な一発で打ち合いに応戦すると、2回には先頭の1番・太田椋が左越えに今季第1号となるソロ弾。同学年のルーキー左腕・垣越建伸の速球を振り抜き、記念すべき“プロ初本塁打”をマークした。

 しかしオリックスは先発の松葉が3回に4連打を浴びるなどして4失点。大量リードを一気に吐き出し、試合を振り出しに戻されてしまうが、5-5の同点で迎えた5回に8番・西村の2点適時打で再び勝ち越しに成功。7-6の8回には2番・宜保の安打をキッカケに5番・宗、途中出場の6番・西浦が連続適時打を放ち突き放した。

 最後は8回からイニングまたぎの2番手・岩本が締めて今季初セーブ(1勝0敗)、7回6失点(自責5)の先発・松葉が3勝目(0敗)をマークしている。