阪神・望月が7回途中1失点の力投! 江越の先制打を守り切る

ウエスタン・リーグ公式戦
○ 阪神 3 - 1 広島 ●
<鳴尾浜 6月19日>

 阪神が投手戦を制して快勝。先発の望月惇志が7回途中1失点と力投し、今季5勝目(4敗)を掴んだ。

 阪神は3回、7番・伊藤隼と8番・板山の連続安打で一・二塁をチャンスを作ると、9番・森越が犠打でチャンス拡大。続く1番・江越がきっちり左前へ2点適時打を放ち、鮮やかに先制に成功する。

 投げては先発の望月が140キロ台後半の速球で広島打線を圧倒し、5回までわずか1安打に抑える好投を見せる。6回に2安打1四球で一死満塁のピンチを招き、暴投で1点を失ったが、続く7回二死まで最少失点に抑える力投で今季5勝目。飯田、石崎と繋いで、9回を締めた福永が今季4セーブ目(1勝0敗)を掴んでいる。