ヤクルトが逆転勝ち!先発・寺原は6回2失点の力投

イースタン・リーグ公式戦
○ ヤクルト 5 - 4 DeNA ●
<戸田 6月18日>

 ヤクルトが逆転勝ち。最後は1点のリードを守り切った。

 ヤクルトはベテランの寺原隼人が先発。2回に伊藤裕季也に適時打を許すも、その後は立て直して力投。すると、打線は4回に渡邉大樹が一発を放って同点。さらに5回には松本直樹がスクイズで1点をもぎ取って逆転に成功する。

 6回、寺原は細川に一発を浴びて同点とされてしまうものの、直後に塩見泰隆が一発を放ってすぐさま勝ち越し。さらに、吉田大成の適時打などでこの回一挙3点。5-2とリードを拡げた。

 その後はリリーフ陣が8回に関根大気に2ランを許したものの、5-4で迎えた最終回は風張蓮がリードを死守して逃げ切り成功。カード初戦をモノにした。