オリックス、リードを守り切れず引き分け

ウエスタン・リーグ公式戦
オリックス 4 - 4 中日
<オセアンBS 6月18日>

 舞洲のオセアンBSで行われたオリックスと中日の一戦は、延長10回でも決着がつかず引き分け。オリックスにとっては手痛い1分となった。

 試合を動かしたのはオリックス。3回裏、満塁のチャンスで頓宮裕真があわや本塁打というフェンス直撃の適時二塁打。走者が全員還って3点を挙げると、つづく宗佑磨にも適時打が飛び出し、一気に4点を先制する。

 ところが、2番手で登板した東明大貴が4回にモヤと石橋康太の適時打で3点を返され、リードは1点に。5回以降は投手陣の踏ん張りでリードを守ってきたが、9回に漆原大晟が石川駿に適時打を浴びて同点。逃げ切ることができなかった。

 延長10回は両者とも決め手なく、規定により引き分けで試合終了。オリックスにとっては逃げ切り失敗という形での引き分けとなってしまった。