オリックスは育成・稲富が決勝打! 前日完封負けの阪神に逆転勝利

ウエスタン・リーグ公式戦
○ オリックス 3 - 2 阪神 ●
<オセアンBS 6月12日>

 オリックスは逆転勝ちで阪神に辛勝。前日完封負けを喫した相手から、育成・稲富宏樹が決勝打を放ち競り勝った。

 先制したのは阪神。オリックスの先発・松葉貴大が二死から3番・俊介、4番・陽川、5番・中谷に3連打を浴びて1点を失うと、2回には9番・森越、1番・江越に連続長打を浴びて、立ち上がりに2失点。オリックスは序盤から2点を追う展開に持ち込まれる。

 それでも打線は4回、内野ゴロの間に1点を返すなどして、試合を振り出しに戻すと、2-2で迎えた8回、一死から7番・根本が右二塁打でチャンスメークし、続く8番・稲富が決勝の適時右二塁打。支配下登録を目指す男がここ一番で勝負を決める一打を放ってみせた。

 投げては先発の松葉貴大が3回以降は立て直し、終わってみれば8安打を許しながら7回2失点のクオリティースタート。2番手として8回を無失点に抑えた吉田一将が今季ファーム初白星(1敗)、9回を締めた育成新人・漆原大晟が今季6セーブ目を掴んだ。