ソフトバンクが8点快勝!上林が適時打2本で存在感

ウエスタン・リーグ公式戦
○ ソフトバンク 8 - 2 広島 ●
<タマスタ筑後 6月11日>

 ソフトバンクは本拠地で広島に快勝。3番でスタメン出場した上林誠知が2本の適時打を放つなど、活発な打線が合計8点を挙げ、6投手のリレーでリードを守り抜いた。

 初回から火を噴いたソフトバンク打線。まずは無死一・二塁のチャンスで上林が左中間へ持っていく2点適時二塁打を放つと、さらに塚田正義にもショート強襲の適時打が飛び出して初回から3点を先制。2回にも周東佑京の適時打で1点を加えると、その周東を二塁に置いて上林がセンター前に運ぶ安打。二塁走者を悠々と還し、2打席連続の適時打で5-0とリードを拡げた。

 その後も5回には“古巣戦”となった美間優槻が適時打を放てば、2点を返された直後の6回裏には腰痛からの復活を目指す江川智晃が代打出場の期待に応える見事な2点適時打。8-2と突き放した。

 投げては一軍登録中の二保旭が調整登板で3回を無失点に抑えると、以降は小刻みに継投。終盤は7回を岡本健、8回は嘉弥真新也とつなぎ、最後は加治屋蓮が締めてゲームセット。投打が噛み合ったソフトバンクが本拠地で快勝した。