オリックス、打線に元気なく完封負け…阪神先発・藤浪を攻略できず

ウエスタン・リーグ公式戦
● オリックス 0 - 4 阪神 ○
<オセアンBS 6月11日>

 本拠地に阪神を迎えたオリックスだったが、投打に良いところなく完封負け。阪神先発の藤浪晋太郎に5回までゼロで封じられると、後半も継投を前にチャンスを作ることができなかった。

 先発の東明大貴は立ち上がりこそ無失点に抑えるも、2回に4番・陽川尚将と5番の中谷将大に連続二塁打を浴びて失点。4回にも陽川に三塁打を浴びた後、中谷に初球をセンターへと弾き返され、このコンビに2点を奪われてしまう。

 反撃したい打線も序盤は阪神先発・藤浪の前にチャンスを作ることができず。結局5回までゼロ行進となってしまうと、6回以降も阪神の継投を打ち崩すことができず。

 逆に8回にまたも陽川の二塁打でピンチを招くと、伊藤隼太と坂本誠志郎に適時打を浴びてさらに2失点。致命的な追加点を挙げられてしまう。

 結局打線は最後までホームが遠く、阪神の5投手の前に沈黙。カード初戦を0-4で落とした。