阪神・福留が2試合連続の快音も… 打線封じ込まれ2連敗

ウエスタン・リーグ公式戦
● 阪神 1 - 6 広島 ○
<淡路 6月8日>

 阪神は打線が振るわず2連敗。今季の淡路開催のホームゲームは0勝2敗で幕を閉じた。

 阪神は先発の秋山拓巳が初回、2回と走者を背負いながら無失点で切り抜けたものの、3回に3番・メヒアに2点タイムリーを許し先制点を献上。5回には味方の守りのミスもあり、さらに2点を失ってしまう。

 一方、打線では4回に「5番・左翼」でスタメン出場していた福留孝介が左翼線へ二塁打を放つなど、右脚の故障からの復活を印象づけるプレーを披露。しかし広島の先発・薮田和樹の前に6回まで無得点に抑え込まれるなど打線が機能せず。

 7回には広島の高卒ルーキー・中神拓都の“プロ初ホームラン”で突き放され、淡路でのホームカード2連敗となった。