DeNAが快勝!先発・京山が7回1失点の好投

イースタン・リーグ公式戦
○ DeNA 4 - 1 西武 ●
<横須賀 5月31日>

 DeNAがカード初戦に快勝。先発した京山将弥が7回1失点の好投を見せ、今季初勝利を挙げた。

 初回から西武先発の國場翼が危険球退場となるなど、重い雰囲気でスタートしたこの試合。初回は緊急登板となった粟津凱士の前にうまく抑えられて先制のチャンスを逃すも、2回にルーキー・伊藤裕季也がレフトスタンドに今季6号のソロを叩き込んで先制に成功。さらに3回には梶谷隆幸の適時三塁打などで2点を加え、4回には西森将司にも適時打。序盤のうちに4-0と点差を拡げていく。

 投げては先発の京山が5回に1点を失うも、走者を背負いながらも得点は許さない粘りの投球。7回まで投げて西武打線を1点に封じ込める好投を見せた。

 その後は8回を濱矢廣大、9回は平田真吾とつないで逃げ切り勝ち。投打が噛み合ったDeNAが3連戦の初戦を取った。