阪神が今季初戦を勝利で飾る! 先発・秋山が5回無失点の好投

ウエスタン・リーグ公式戦
○ 阪神 8 – 4 中日 ●
<鳴尾浜 3月20日>

 阪神が2019年のファーム公式戦・初戦を勝利で飾った。

 初回に4番・陽川尚将の犠飛で1点を先制した阪神。2回には昨季から野手に転向した藤谷洸介に豪快な2ランが飛び出して追加点。さらに4回にも長坂拳弥の2点適時打と江越大賀のソロで3点を追加と、序盤で6-0と順調にリードを広げていく。

 投げては先発した秋山拓巳がさすがの投球を披露。注目を集めた中日のスーパールーキー・根尾昂を3打席凡退に封じるなど、5回を無失点に封じる好投で相手打線に付け入るスキを与えない。

 さらに阪神はその後も内野ゴロの間に追加点を挙げ、4点を返された直後の8回裏にも島田海吏の適時三塁打で突き放す。最後は5人目の尾仲祐哉が締め、今季の初陣を8-4の快勝で飾った。

 打っては野手転向2年目になる藤谷が2ランと二塁打を放つなど存在感をアピール。投げては復活を期す秋山が5回無失点の好投。投打に期待の選手が躍動した昨年のファーム王者が幸先の良いスタートを切った。