ロッテは完封リレーで快勝! 5番・李杜軒が2適時打3打点

イースタン・リーグ公式戦
○ ロッテ 4 - 0 DeNA ●
<ロッテ浦和 5月25日>

 投手戦を制したロッテは引き分けを挟んで4連勝。4カード連続の勝ち越しを決めた。

 ロッテ・ブランドン、DeNA・井納翔一の両先発で始まった一戦は、立ち上がりから両軍ともにゼロ行進。ロッテの新助っ人左腕・ブランドンはテンポよく投げ込んで、5回を5奪三振、無失点で先にマウンドを降りる。

 すると直後の6回、援護できなかったロッテ打線は、先頭の藤原恭大がこの日2本目のヒットとなる中前安打で出塁すると、DeNA先発の井納が2番・伊志嶺に対して四球を与えて一・二塁のチャンス到来。髙濱、安田が三振に倒れ二死を取られたが、5番・李杜軒が詰まりながらも左前に運んで二走・藤原が先制のホームを踏んだ。

 李は8回にも無死満塁の好機で打席が回ってくると、今度は変則左腕・中後の速球を右前に運んでさらに2打点。この日は勝負どころで合計3打点を叩き出す活躍でチームを勝利に導いた。

 ブランドン降板後は関谷、レイビン、高野、阿部と1イニングずつを繋いで完封リレー。イースタン・リーグ首位を死守している。