ロッテは打撃戦制し3連勝! DeNAに反撃受けるも逃げ切る

イースタン・リーグ公式戦
○ ロッテ 11 - 8 DeNA ●
<ロッテ浦和 5月24日>

 ロッテが激しい点の取り合いを制し、引き分け挟んで3連勝。DeNA打線の反撃を振り切り逃げ切った。

 ロッテは1点を追う初回に4番・安田が左中間フェンス直撃の同点打を放つと、相手のミスに乗じて一挙5得点。6回には柿沼の2号ソロ、7回には李杜軒、柿沼のタイムリーで加点し、7回終了時点で10-3と7点のリードを奪う。

 これで大量リードの圧勝ムードになるかと思いきや、8回に永野将司が飛雄馬にソロ弾を浴びると、育成右腕の森遼太郎がDeNA打線に捕まり4失点。最大7点差あったリードを2点差にまで詰め寄られてしまう。それでも9回は成田翔が走者を出しながら無失点。食い下がるDeNAを振り切ってなんとか勝利を収めた。

 敗れたDeNAは2番・楠本泰史、3番・梶谷隆幸、5番・飛雄馬が一発を放つなど、打線が8得点を挙げたが、守りのミスも絡んで投手陣が計11失点。守りが崩れ、5月7日以来の2連勝とはならなかった。