西武が投手戦制し先勝! 終盤の一発で突き放す

イースタン・リーグ公式戦
○ 西武 4 - 1 日本ハム ●
<西武第二 5月24日>

 西武が終盤に突き放し逃げ切り勝ち。日本ハムとの3連戦で先勝した。

 西武は打線が日本ハムの先発・生田目翼を打ち崩せず4回までゼロ行進。それでも0-0で迎えた5回、無死一・三塁から6番・愛斗が差し込まれながらも一・二塁間を破るタイムリーを放ち、ルーキー右腕を相手に先制に成功する。

 投手陣は先発の高木勇人が7回途中まで無失点の力投。7回二死二・三塁のピンチを迎えたところで降板となったが、後を受けた斉藤大将が9番・難波を空振り三振で退け無失点。ワンポイントの好リリーフで一打逆転のピンチを切り抜けた。

 すると直後の8回裏、日本ハムの3番手・柿木蓮から一死一・二塁のチャンスを作り、途中出場の高木渉が一振り。柿木の投じた低めの速球をバックスクリーン右へ運んで放ち突き放した。

 最終盤にリードを拡大してもらった投手陣は、9回に不運な当たりもあって1点を失ったが、8回・田村伊知郎、9回・小石博孝とリレーして逃げ切り勝ち。日本ハムとの3連戦初戦で白星を掴んだ。