中日は投打噛み合い快勝 ルーキー根尾が決勝打

ウエスタン・リーグ公式戦
○ 中日 5 - 0 阪神 ●
<ナゴヤ 5月24日>

 中日は投打が噛み合い2連勝。投手陣は完封リレーで締め、ルーキー・根尾昂の先制打が決勝打となった。

 中日は0-0の4回、二死一・二塁の場面で7番・根尾昂が望月の投じた低めの変化球を右中間に運び先制の2点適時三塁打。前日には4三振を喫するなど、ここ2試合ノーヒットだったルーキーの快音に、球場に駆けつけたファンも

 6回には左打席に入ったアルモンテがバックスクリーン左に特大の第2号ソロ、7回に石垣の適時打で追加点を挙げ、8回には石川駿が左越えソロを放ち、合計5得点。打線が中盤から終盤にかけて3イニング連続得点で、試合の流れを大きく引き寄せた。

 投げては先発の佐藤優が走者を背負いながらも7回まで無失点の粘投。8回は育成左腕の浜田智博、9回は伊藤準規と繋いで完封リレーで締めた。先発の佐藤はウエスタンで今季1勝目、伊藤は3セーブ目をマークしている。