ソフトバンクがサヨナラ勝ち!9回二死から逆転“育成弾”

ウエスタン・リーグ公式戦
○ ソフトバンク 7x - 6 阪神 ●
<タマスタ筑後 5月15日>

 ソフトバンクが9回二死から逆転サヨナラ勝ち。育成選手のコラスが決勝2ランを放ち試合を決めた。

 ソフトバンクは先発の松本裕樹が5番・原口文仁に今季初打点となる左前適時打を許すなど、初回からいきなり3失点。4回には二死から連打を浴びて追加点を献上し、この日は5回4失点で降板となった。

 一方、反撃したい打線は1-4の3点ビハインドで迎えた5回に3番・中村晃が三塁線を破る2点適時打、続く6回には真砂、川瀬が立て続けに適時打を放ち逆転に成功。阪神打線に負けじと試合中盤に反撃を見せ、打ち合いに応じる姿勢を見せる。

 しかし7回、今季公式戦初登板の育成右腕・尾形崇斗が阪神打線に捕まり2失点。終盤に再びビハインドの展開を強いられる。

 それでも9回、二死から塚田正義が中越え二塁打で出塁すると、続く4番・コラスがカウント1-2から低めの変化球を一閃。打った瞬間それとわかる弾丸2ランをライトポール際に叩き込み、激しい点の取り合いに終止符を打った。