楽天は代打策実り逆転勝ち!今季のヤクルト戦7連勝

イースタン・リーグ公式戦
○ 楽天 7 - 6 ヤクルト ●
<森林どり泉 5月15日>

 楽天が序盤のビハインドをひっくり返し逆転勝ち。今季の対ヤクルト戦の連勝を「7」に伸ばした。

 楽天はルーキー左腕・弓削隼人が先発マウンドに上がるも、ヤクルトの4番・バレンティンに左越え3ランを浴びるなど、初回から4点のビハインドを許す苦しい展開に。2点差に詰め寄った4回には西田明央に右中間適時二塁打、6回には3番手・渡辺佑樹が畠山和洋に右前適時打を許し、なかなか点差を詰めることができない。

 それでも4点を追う6回、この回から登板したヤクルトの新人左腕・坂本から無死一・二塁のチャンスを作ると、5番・内田靖人が三塁線を破る適時二塁打を放ち反撃開始。なおも無死二・三塁の場面で代打・卓丸が3番手・蔵本から左前適時打を放ち2点差とすると、さらに代打・堀内謙伍が三塁強襲の適時打。この回3点を挙げて1点差に迫る。

 そして5-6の1点ビハインドで迎えた8回、二死二塁から8番・耀飛が左中間フェンス直撃の同点適時三塁打打を放つと、続く代打・ヒメネスが左翼線適時二塁打でついに逆転。試合中盤以降の代打策が当たり、鮮やかな逆転勝利でカード勝ち越しを決めた。