楽天が快勝!塩見は今季初失点も7回2失点の好投

イースタン・リーグ公式戦
○ 楽天 6 - 2 ヤクルト ●
<森林どり泉 5月14日>

 楽天が本拠地でヤクルトに快勝。先発した塩見貴洋は今季初の失点を喫したものの、7回2失点の好投で一軍昇格に向けてアピールした。

 ファームでの2試合はいずれも失点0と好投を続けていた塩見。この日は立ち上がりから毎回走者を背負う展開も、ホームは踏ませない粘りの投球を披露。スコアボードにゼロを並べていく。

 すると打線も3回に相手のエラーで先制すると、内田靖人にも適時打が飛び出して2点。つづく4回にも渡邊佳明の2点適時二塁打などで3点を加え、5-0とリードを拡げた。

 塩見は7回にピンチで代打・畠山和洋と三輪正義に立て続けに犠飛を許したものの、反撃は2点にしのいで7回2失点。この日も好投を見せると、7回裏にはルーキー・太田光の適時打が飛び出してすぐに加点。6-2と突き放すと、8回は小野郁が無失点に封じ、9回はアラン・ブセニッツが締めて逃げ切り勝ち。楽天がカード初戦をモノにした。