阪神が2カード連続勝ち越し 高橋遥が7回1失点の好投

ウエスタン・リーグ公式戦
○ 阪神 4 - 3 オリックス ●
<上富田 5月12日>

 和歌山県・上富田で行われた今カード最終戦は阪神に軍配。ウエスタン首位の阪神は2カード連続の勝ち越しとなった。

 阪神は先発の高橋遥人が初回を三者凡退上々の立ち上がりを見せると、その後も力強い速球を軸にテンポよく投げ込みスコアボードに0を並べた。5回に亜細亜大学の後輩でもある頓宮裕真に左越え場外弾を浴びたが、その後は危なげない投球を披露。今季自己最長の7回を1失点に抑えマウンドを降りた。

 一方、援護したい打線は3回に内野ゴロの間に1点をあげるも、オリックス先発の松葉貴大を攻めきれず。好投を見せる高橋に勝利投手の権利をプレゼントすることは出来なかったが、リリーフ陣が2点を失った直後に奮起。

 8回、無死一塁から代打・荒木郁也が右中間を破る適時三塁打を放つと、さらに代打・伊藤隼太の一塁適時内野安打で試合は振り出しに。その後二死となるも、この日4打席凡退していた1番・島田海吏が決勝の中前適時打を放ち、この回一挙3得点で逆転に成功。

 終盤の代打策でしぶとく逆転勝ちを納めた阪神は、これで今季24勝13敗3分け。貯金を「11」に増やし、ウエスタン首位を快走している。