阪神が連敗ストップ 先発・馬場が6回1失点の好投

ウエスタン・リーグ公式戦
○ 阪神 3 - 1 オリックス ●
<上富田 5月11日>

 阪神が和歌山・上富田で連敗をストップ。先制を許すも、序盤のうちにひっくり返してそのまま逃げ切った。

 1点を追いかける形でスタートした初回、4番の陽川尚将が適時打を放ってすぐに追いつくと、育成の片山雄哉にも適時打が飛び出して2点目。さらに2回には板山祐太郎に一発が飛び出し、2回終わって3-1とリードを奪う。

 初回に1点を失った先発・馬場皐輔も、2回以降は走者を出してもホームは踏ませない粘りの投球を披露。6回まで1失点の力投を見せる。

 2点リードのまま7回以降は継投。岡本洋介から飯田優也へと繋ぎ、9回はルーキーの齋藤友貴哉が締めて逃げ切り。阪神が連敗をストップした。