ロッテは完封負けで連敗 先発・小島は7回1失点の好投

イースタン・リーグ公式戦
● ロッテ 0 - 2 日本ハム ○
<ロッテ浦和 5月8日>

 ロッテは完封負けで連敗。6カードぶりのカード負け越しとなった。

 ロッテの先発・小島和哉は初回、岸里亮佑に左翼ポール際に初回先頭打者弾を浴びるも、初回以降は落ち着いたマウンドさばきを披露。4回には振り逃げも含めて1イニング4三振を奪うなど、7回1失点の内容でリリーフにマウンドを託した。

 一方の打線は、日本ハムのドラ1ルーキー・吉田輝星の前にゼロ行進。初回に先頭の藤原恭大が左前安打で出塁し、犠打で得点圏に進むもあと一本が出ず。5回には先頭の柿沼が四球で出塁したところで吉田が降板したが、2番手・福田俊の前に藤原、松田進が連続三振に倒れチャンス拡大とはならなかった。

 その後も打線が得点を奪えないまま迎えた9回、新助っ人のレイビンが2点を失い勝負あり。ロッテは投手陣が終盤まで粘りの投球を見せたが、ロッテは打線が攻めきれなかった。