オリックスは勝利目前で… 先発の山崎颯一郎は4回途中に緊急降板

ウエスタン・リーグ公式戦
オリックス 4 - 4 ソフトバンク
<オセアンBS 5月8日>

 ウエスタン3位を争う一戦は、延長10回決着つかず、規定により引き分け。4位オリックスは終盤に投手陣が粘りきれず、2戦連続のドロー決着となった。

 オリックスは2回、西村凌、岡崎大輔の適時打で2点を先制すると、3回には5番・杉本裕太郎が一二塁間を破る適時打、4回にも岡崎大輔がこの日2本目のタイムリーとなる中前安打を放ちリードを拡大。鷹のルーキー・板東湧梧を攻め立て、序盤から試合の主導権を握る。

 しかし3回まで1安打無失点の好投を見せていた先発の山崎颯一郎が、4回の投球中に右肘の異変を訴えて降板。二死から栗原陵矢に対してホームベースに叩きつけるような投球をした直後に右肘を抱える仕草を見せ、無念の負傷降板となった。

 その後、スクランブル登板となった斎藤綱記、岩本輝、山田修義、育成右腕・張奕と繋いで7回を1安打0封も、8回に近藤大亮が2安打を浴び1失点。

 勝利が目前に迫った9回には、この回から登板した育成右腕・漆原大晟が4番・コラスに右越えソロを被弾すると、ヒットと四球で繋がれ、8番・真砂勇介に左翼線同点打。最大4点あったリードを終盤2イニングで守りきれなかった。

 これでオリックスは5月5日のファーム交流戦・楽天戦に続いて2試合連続の引き分け。12球団最多6度目のドローとなった。