ヤクルトはシーソーゲーム制し連勝 高卒ルーキー濱田が決勝打

イースタン・リーグ公式戦
○ ヤクルト 7 - 4 日本ハム ●
<戸田 5月4日>

 ヤクルトが点の取り合いを制し逆転勝ち。高卒ルーキーの濱田太貴が決勝打を放ち、チームを2連勝に導いた。

 ヤクルトは先発・館山昌平が5回まで1失点と好投するも、3-1で迎えた6回、二死から4番・谷口雄也にヒットで出塁を許すと、そこから集中打を浴び3失点。80球を超えたところで日本ハム打線に捕まり、逆転を許してしまう。

 それでも打線は7回、相手バント処理のミスを突いて同点に追いつくと、高卒ルーキーの濱田太貴が左前へ勝ち越し2点打、高卒3年目の古賀優大にも適時打が飛び出し、この回一挙4得点を挙げて逆転に成功する。

 投手陣は7回にルーキー左腕・久保拓眞が、石井一成へ頭部直撃の危険球を投じて退場するアクシデントもあったが、緊急登板の蔵本治孝が後続を抑え無失点。9回は風張蓮が三者連続三振を奪い、ブルペン陣無失点リレーを締めた。