DeNAは連勝ストップ 桑原2ランなど打線反撃も及ばず


イースタン・リーグ公式戦
● DeNA 6 - 8 ヤクルト ○
<横須賀 5月1日>

 DeNAは3連勝ならず借金「1」。序盤の大量失点から、打線が追い上げを見せたが及ばなかった。

 DeNAは先発の飯塚悟史が立ち上がりから走者を背負う苦しいピッチング。1回は無失点で切り抜けたものの、2回には一死満塁から山崎晃大朗に犠飛、2番・塩見泰隆に適時二塁打を許すなど4失点。続く3回には2番手・寺田光輝も塩見に3ランを被弾し、序盤の3イニングで8点を失った。

 それでもDeNA打線は大量ビハインドから反撃開始。8点を追う3回に9番・宮本秀明、1番・関根大気の連続ヒットで1点を返すと、5回には8番・西森将司の中前適時打、2番・桑原将志の今季第1号となる2ランでヤクルトの先発・ブキャナンを攻め立てた。

 さらに7回、ヤクルト・蔵本から作った二死満塁のチャンスで、ルーキー・伊藤裕季也が左前適時打を放ち二者が生還。しかし後続が続かず反撃はここまで。最大8点あったビハインドを2点差にまで追い上げたが、反撃及ばす3連勝とはならなかった。