楽天の連勝は「7」でストップ 石原が1号ソロ含む3打点もリリーフ粘り切れず


イースタン・リーグ公式戦
● 楽天 5 - 6 ロッテ ○
<横手 5月1日>

 終盤までもつれた一戦はロッテに軍配。楽天は連勝が「7」でストップした。

 楽天は先発の高卒ルーキー・引地秀一郎が立ち上がりから走者を背負う苦しいマウンド。初回は無失点で切り抜けたが、2回、先頭の6番・山口航輝に左越えソロを被弾すると、一死満塁として2番・三家和真に2点適時打を許すなど、この回一挙4点を失って降板した。

 それでも3回以降はリリーフ陣が試合を立て直し、打線も反撃開始。3回に5番・ヒメネスがレフトポール際に今季第1号のソロを放ち、5回には石原彪、辰己涼介が揃ってバックスクリーンへ一発を放り込んだ。3-5と2点ビハインドで迎えた6回には、石原が中越えの2点適時二塁打を放ち同点に。この日の石原は、今季第1号含む3打点と、「9番」ながらポイントゲッターとして光る働きを見せた。

 しかし延長戦突入が見えてきた9回、小野郁が一死一塁から5番・菅野剛士に右中間を破る二塁打を許し、一塁走者・松田進が長駆ホームイン。勝負どころで勝ち越し打を許し、連勝ストップとなった。