廣岡が復活の2発も・・・ヤクルトは延長戦に敗れる

イースタン・リーグ公式戦
● ヤクルト 5 - 6 楽天 ○
<戸田 4月25日>

 ヤクルトは延長戦の末に惜敗。不振にあえいでいた廣岡大志に2本の本塁打が飛び出すも、リードを守り切ることができなかった。

 廣岡の3ランで先制した直後の2回表、先発・山田大樹はルシアノ・フェルナンドに犠飛を浴びて1点を返されると、3回には山﨑剛に一発を浴びて失点。4回に廣岡の2打席連続弾で4-2とリードを拡げるも、6回にフェルナンドに3ランを許し、4-5と試合をひっくり返されてしまう。

 それでも、直後の6回裏に古賀優大が適時二塁打。逆転を狙った走者は本塁でアウトになるも、5-5の同点に追いつき、試合はそのまま延長戦へ突入した。

 延長10回、続投した4番手の中澤雅人が走者を出すと、スイッチした屋宜照悟も流れを食い止めることができず、一死満塁から渡邊佳明に適時打を浴びて失点。残ったピンチはしのいだが、その1点が重くのしかかり、そのまま5-6で敗戦。延長にもつれた一戦を落とした。