ヤクルト、追い上げ及ばず敗戦 投手陣は2失点もホームが遠く

イースタン・リーグ公式戦
● ヤクルト 1 - 2 楽天 ○
<戸田 4月23日>

 ヤクルトは本拠地で楽天に惜敗。終盤に西田明央の適時打で1点差に迫るも、もう1点が遠かった。

 先発した大下佑馬はいきなり先頭の辰己涼介に一発を浴びるも、3回を投げてその1点のみと力投。4回からは風張蓮が登板し、2人で5回まで1失点と試合を作る。

 しかし、打線が高卒ルーキーの引地秀一郎を前に4回まで無得点と苦戦。なかなか得点を返せないでいると、6回に岩橋慶侍が今江年晶に適時打を浴びて失点。0-2とリードを拡げられてしまう。

 打線はようやく7回に西田の適時二塁打で1点を返すも、8回の無死一・三塁という大チャンスは渡邊佑樹と寺岡寛治の前に無得点。同点・逆転のチャンスを逸すると、9回も西宮悠介に抑えられてゲームセット。あと1点が最後まで遠く、1-2で敗れた。