ヤクルト・高橋が8回0封の好投!高卒ルーキーの濱田が初ヒット


イースタン・リーグ公式戦
○ ヤクルト 2 - 0 日本ハム ●
<戸田 4月21日>

 ヤクルトが投手戦を制し完封勝利。先発の高橋奎二は8回無失点の好投を見せ、今季イースタン初白星を掴んだ。

 高橋は初回を2連続三振含む三者凡退で打ち取ると、その後も日本ハム打線を圧倒。5回に一死二・三塁のピンチを迎えたが、同期入団の遊撃手・廣岡大志の好守にも救われ無失点で切り抜けた。終わってみれば8回(121球)を被安打3、9奪三振で無失点と文句なしの内容だった。

 打線は2回、先頭の5番・中山翔太が右安打で出塁すると、7番高卒ルーキー・濱田太貴がプロ初ヒットとなる右安打で繋いで、8番・古賀優大が先制右適時打。この回だけで3安打を集めて、日本ハムのゴールデンルーキー・吉田輝星から先制点を奪った。

 吉田輝が降板した4回以降はゼロ行進が続いたが、8回に途中出場の松本友が左中間へ適時二塁打を放ち、待望の追加点をマーク。終盤に育成選手のバットから貴重な追加点を挙げ、ロースコアのゲームを制した。