ヤクルトは連勝ストップ スアレスの復帰登板は4回2失点


イースタン・リーグ公式戦
○ ヤクルト 1 - 8 日本ハム ●
<戸田 4月19日>

 ヤクルトはホームで敗れ3連勝ならず。リリーフ陣が捕まり大敗を喫した。

 ヤクルトの先発は今季初登板の新助っ人・スアレス。下半身のコンディション不良から復帰を目指す右腕は、3回に内野ゴロの間に先制点を献上、4回には日本ハムの高卒ルーキー・野村に適時二塁打を許し、復帰戦は4回2失点で降板。それでも全12個のアウトのうち8個は内野ゴロで奪うなど、随所に持ち味をアピールした。

 一方の打線は4回、先頭の2番・渡邉大樹がこの日2安打目となる左安打で出塁すると、二死一・三塁としてドラ2ルーキーの6番・中山翔太が左前適時打を放ち、1点差に詰め寄る。しかし相手先発・北浦竜次の前に6イニングを1点に抑えられ、終盤も日本ハム投手陣を前に反撃とはならず。

 ヤクルトは2番手の沼田拓巳が制球難を突かれ、5回に打者一巡で5失点を喫し、終わってみれば8-1のと大差がついたゲームとなった。