【ピックアップ動画】終始粘り強くチャンスをものにしたオリックスが勝利!

3回裏 中日・根尾選手のタイムリーヒット

8回表 オリックス・根本選手のタイムリーヒット

8回表 オリックス・大下選手のタイムリーヒット

3月25日(水)、ファーム練習試合として中日ドラゴンズとオリックス・バファローズの一戦がナゴヤ球場で行われた。
▼ 試合結果
○ 中日 4 – 7 オリックス ●

▼ スコア
オ|001 110 022|7
中|101 000 011|4

【中日】
先発投手:阿知羅

【オリックス】
先発投手:K-鈴木

1回裏、中日ベテラン藤井が2アウトからフェンス直撃の2ベースを放つと4番アルモンテがフルカウントからレフト前ヒットでオリックス守備が後逸している間に藤井が生還し先制点をあげる。
3回表のオリックスの攻撃では1番後藤と2番ドラ2ルーキーの紅林の連打でチャンスを広げると3番西野の内野ゴロの間に同点に追いつく。
リードを奪いたい中日は、3回裏滝野が四球で出塁すると、2塁に盗塁を決めここで1番根尾に打順がまわる。2ストライク1ボールと追い込まれながらも左中間へ流し打ちを決め、勝ち越しに成功。スコアは2-1となる。
しかしオリックスは粘り強く、4回表に根本とフェリペの連打でチャンスを作ると、続く廣澤のショートゴロが中日ショート石垣のエラーを誘いまたもや同点に追いつく。
そして5回表には西野の2ベースから始まった攻撃から犠飛、四死球で満塁とし、内野ゴロの間にオリックスが逆転に成功。
8回表には6番佐藤の内野安打から7番根本のタイムリー、代打出場のルーキー大下のタイムリーで2点を追加し5-2とスコアを引き離す。
中日も反撃を試みるがオリックスも追加点を重ね最終的には7-4でオリックスが逃げ切り勝利した。


試合の模様は『イレブンスポーツ プロ野球プレミアム』にてオンデマンド配信中。
→→→ 会員登録する 登録ガイド


ファーム