楽天は“新本拠地”で2連勝!ルーキー小郷が猛打賞で得点機演出

イースタン・リーグ公式戦
○ 楽天 6 - 4 ヤクルト ●
<利府 4月14日>

 楽天がヤクルトに2連勝。前日リニューアルオープンした利府球場で連勝となり、貯金生活に入った。

 楽天は2点を追う2回、5番・山下斐紹がチーム初ヒットとなる左安打で出塁すると、育成選手の7番・山田大樹、ルーキーの9番・小郷裕哉が立て続けにタイムリー。下位打線が勝負強い打撃を見せて失点直後に試合を振り出しに戻した。

 同点で迎えた4回には、二死から小郷が二塁打でチャンスメークし、ルーキーの2番・渡邊佳明の適時打で勝ち越しに成功。7回も二死から連続四球でチャンスをつくり、5番・山下の左中間二塁打で貴重な勝ち越し点を挙げた。

 この日「9番・中堅」でスタメン出場した大卒ルーキー・小郷は、2本の長打を含む4打数3安打と大当たり。8回の第4打席では左中間三塁打でチーム6点目の起点となり、3得点に絡む活躍を見せた。

 投げては先発・古川侑利が2回に2点を失うも、7回1/3を2失点でゲームメイク。9回に登板した今野龍太が4四球を与えるなど苦しいマウンドになったが、最後はリードを守りきり2連勝となった。